つりキング決定戦

 

 6月13日、宮代町の新しい村で、ザリガニつりを行いました。〜ザリガニを愛し、ザリガニに愛されたスカウトはだれだ?〜というテーマのもと、手作りの竿でみんなでザリガニを釣る活動です。




 まずはセレモニーのあと、ザリガニについての説明を受けました。日本はもちろん、世界にも色々な種類のザリガニがいるって、知らなかった!

 説明のあと、各自で釣竿にタコ糸を結びつけます。事前に教わった"巻き結び"を、自分の力で頑張るスカウトもいました。そして、それぞれ準備したエサを先端につけ、いよいよザリガニ釣りの時間です!




 いざ始まってみると、子どもたちよりも大人の方が熱くなって…「そこ、そこ!いるよ!」、「よしっ!」などと、大きな声で応援する保護者の姿が見られました。童心にかえって、大人も楽しくなっちゃいますね。スカウトたちも、本当に集中してザリガニを釣っていきます。

 熱中していると時間はあっという間に過ぎてしまい、終わりには「もっとやりたいのに〜」というスカウトたちの声も聞こえました。






 今回、釣れたザリガニの数を班ごとに競い合うのと同時に、一番大きなザリガニが釣れたスカウトには"大物賞"が送られました。

 スカウトだけでなく、保護者も熱くなったザリガニ釣り。楽しい活動となりました!


84回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示