top of page

みんなで作って入ろう!〜 新聞紙ドーム〜


7月17日、幸松地区公民館で、新聞紙を使って大きなドームを作る活動を行いました。



まずは、ドームの窓になる部分にみんなでお絵描きです。お気に入りのキャラクターや、好きなものをどんどん書いていきます。




お絵描きが終わったら、次は新聞紙をくっつけていきます。

うわぁズレる〜!難しい!破けちゃったぁ!という声が、あちこちから…。設計書通りに新聞紙を貼り合わせる作業は、なかなか大変でした。




スカウトと保護者のみんなで協力して、なんとか出来上がりましたよ。

さぁ、うまく膨らむかなぁ〜??



だんだんと膨らんでいく様子を、壇上からスカウトたちが見守ってくれました。

みるみる膨らんでいく新聞紙ドームを見て、「うわぁ、どらやきみたーい!」と興奮していたスカウトが。確かに、シルエットがなんとなく似ている…



さぁ、ついにドームの中に入ります!!



中に入ってみると、広くて大きくてびっくり!そして、自分たちが描いた絵の向こうに、お父さん、お母さんたちがいるのかなぁー?




今度は、スカウトたちが外に出て、保護者がドームの中に入りました。外からスカウトたちが楽しそうに覗いています。



さぁ、最後はみんなでお片付け。スカウトたちがドームの中に入って、一気に新聞紙をビリビリと破りました!!

本当に一瞬で、跡形もなくなりました…


破った新聞紙をみんなで綺麗に片付けて、この日の活動はおしまい。




「みんなで作るのってすごく楽しいね!」と言ってくれたスカウトがいて、本当にその通りだな、と思った活動でした。



次回は、ブラウンシーで防災についての活動を予定しています。

閲覧数:53回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page