カブ隊副長のつぶやき

教育の基本的な尺度であるIQとかテストの成績の良し悪しが、頭脳の発達を示す尺度として使われます。これを認知能力的スキル(注・1)と言います。一方では非認知能力的スキル(注・2)が実は、頭脳の発達を促進して認知能力の発達ばかりでなく性格や行動の根源となる事が明らかになってきました。これは社会的・情動的性質の事であり、幼年期(5歳~8歳)に最も発達する事が分かっています。

 アメリカのノーベル経済学賞のジェームス・J・ヘックマン教授の著作「幼児教育の経済学」によると

 注・1:認知能力的スキルとは、IQテストや学力検査やOECD生徒学習到達度調査(PISA)などにより測定される能力スキルの事

 注・2:非認知能力的スキルとは、非認知的な要素すなわち肉体的・精神的な健康や根気強さ、意欲、自身と言った社会的・情動的性質の事

 幼年期、特に年長児年代からビーバー部門における活動体験は、何より自然体験を通じてこの発達段階とりわけ非認知能力的スキルの発達を促し、やがて青少年の成長とその人の生涯にわたる社会的・経済的・家庭的な「幸福な人生」の始まりになると確信しています。

閲覧数:267回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナという世界的な感染症により、世界の構造が大きく変わろうとしています。 人間の行動パターンが急激に変化、必要とされる業種が変わりました。 今回のコロナ禍をとおし、いつ何が起こるか分からないという認識を全ての人が持ったと思います。 さらに今後、デジタルトランスフォーメーション(DX)と脱炭素の波が押し寄せます。 どの国も次の時代のイニシアチブを取ろうと必死です。なりふり構わぬ行動が目につきます。

ボーイスカウト活動が子どもの成長にどのように寄与するのか。今回はボーイスカウトがどのような活動をするかを決めるプログラムについてご紹介したいと思います。 カブ隊の場合、まずは年間でどういった活動をするか指導者達で話し合い、大枠を決めます。工作、登山、キャンプ、スポーツなど内容は様々です。大枠を決めたら、ボーイスカウトらしい活動になるよう、日本連盟で決められた修得課目を活動に盛り込んでいきます。(詳

先日、ボーイスカウト出身の宇宙飛行士野口さんがまた宇宙へ飛び立つとのことで、寄せ書きを書く企画がビーバー隊主体で行われました。 主にアメリカの例となりますが、歴代の宇宙飛行士には、ボーイスカウト出身者が少なからずいます。なぜ宇宙飛行士にボーイスカウト出身者にがいるのか?これは推測になるのですが、ちょっとしたトラブルが生死を分ける宇宙空間ではもし何かトラブルが発生した場合、宇宙飛行士には的確な行動が