top of page

ビーバー隊秘伝のチョコスコーン作り

2月26日(日)、内牧南公民館でチョコスコーン作りに挑戦しました。


今回は午前、午後2班ずつに分かれて行いました。



まずは料理する時の注意点を聞きます。

「綺麗な手で作ろう!」

「火傷や怪我に注意しよう!」



エプロンと三角巾をつけて、手洗い消毒を済ませたら、スコーン作り開始です。



板チョコを手でパリパリ割っていきます。



ボウルにホットケーキミックスを入れて、バターですり合わせます。


グニャリとしたバターの感触にビックリしながらも、楽しそうな様子が見られました。



牛乳を入れて、生地がまとまるまで捏ねてから、チョコを投入!



手のひらサイズに伸ばし、8等分に切り分けます。



プレートに並べたら、20分焼きます。


美味しく出来ますように!



焼いてる間に使った道具や、調理台を綺麗にお片付けしました。

お皿を洗って、しまって、シンクの中も綺麗に磨いて、最後は水滴まで拭き上げます。


いつもお家の人がやってくれることだけど、こんなに沢山お仕事がある事に気づいた子ども達。

皆で協力してあっという間に片付け終わりました。



終わりのセレモニーの後、焼き上がって冷ました自分のスコーンをそれぞれ袋や箱に詰めます。



良い匂い!

今すぐ食べたいけど、今日は感染予防のため、持ち帰ってお家で食べることになりました。家族に良いお土産が出来ました。



お家のみんなで食べてる写真が届きました。

とっても美味しそう!





今回は、極力大人は手を出さず、子ども達主体でスコーン作りを進めました。


美味しいスコーンを自分で作った体験は、自信に繋がったと思います。

閲覧数:43回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page