top of page

地区合同くまのみキャンプ(1日目)

ハプニング今年のくまのみキャンプは、東埼玉地区合同で行われました。

参加した団は、加須1団、久喜1団、蓮田3団そして春日部9団のくまスカウトたちです。

キャンプ場は、我らが誇るブラウンシー春日部。



春日部9団のくまスカウトは、3年間コロナ禍で宿泊を伴うキャンプを体験することができず、今回が初めての1泊2日テント泊のキャンプとなりました。


セレモニーでは、月の輪のチーフリング授与があります。

いつも付けているチーフリングを外し、隊長から月の輪のチーフリングをつけてもらうという儀式です。



まずは、火起こしチャレンジ。マッチ2本で火を起こせるかに挑戦!おうちでも、マッチで火をつける練習をしてきたおかげで、ほとんどのスカウトが火を起こせることができました。

(お手本で見せた隊長が、まさかの火がつかないというハプニング付き)


そして、それぞれが持ってきたソロテントを設営します。指導者の手伝いもありましたが、

上手にテントを設営することができました。




夜になり、食事タイム。今回は、調理をせずレトルトカレーやスープなどを持参し、湯せんで温めていただきました。

スカウトたちがとても楽しみにしていたボーンファイヤー。

スウェーデントーチを囲み、ゲームをしたり、マシュマロをほおばり、寒空の中でしたが、貴重な時間を過ごせました。



あと半年ほどで、ボーイ隊に上進します。ボーイ隊に行ったら、どんなことをするの?というお話も聞けました。


ソロテントでの宿泊が初めてのスカウトは、寝られるかな?と不安そうでしたが、指導者たちの心配をよそに、あっというまに夢の中へ・・・



閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page