top of page

災害に備えて、サバ飯を作ろう!

7月9日ブラウンシー内牧にて、ビーバー隊の"サバ飯"作りが行われました。


みなさん、"サバ飯"って、魚のサバじゃないんです。

サバイバル飯の"サバ飯"です。


お家にある、アルミ缶と牛乳パックを使って、お鍋が無くても、コンロが無くても、お米が炊けちゃうんです!!

アルミ缶で作った「かまど」で、牛乳パックを燃料に、お米を炊いていきます。



だいたい25分くらい、細かく切った牛乳パックを、ひたすらアルミ缶かまどに投入し続けます。時間がかかるので、スカウトたちは飽きちゃうかと心配しましたが、誰も飽きることなく、美味しいご飯の為に牛乳パックを燃やし続けました。


美味しく炊けるかなぁ…ドキドキ



炊きあがったお米を蒸らしている間に、皆んなで防災の勉強です。



紙芝居を見るみんなの表情、とっても真剣。


地震があった時はどうする?

海の近くで地震があったら?津波の時はどうやって逃げる?

命を守るための行動って、どんなことかな?

知っておくって、とっても大事なことだよね。




さぁ、お待ちかねのもぐもぐタイムです。

自宅で準備してきた"味噌玉"にお湯を注いだら、お味噌汁も完成!

指導者が、ソーセージも準備してくれました。

肝心のご飯はどうかな…?おこげも出来て、おいしそ〜!



いただきまーす!!



おうちのご飯より美味しい!なんて声もありました。もしもの時は、これでご飯が炊けるね。


食後には、春日部9団特製フルーツポンチや、スモアのデザートもあり、スカウトたち大喜びでした。



美味しく食べた後は皆んなで片付けをして、終わりのセレモニーです。

楽しかったね!!



閲覧数:59回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page