鉢形城を攻め落とせ!

10月31日、くまスカウトのハイキングです。今回のように長い距離を移動して行う活動は久しぶりです。ここでもコロナ禍の影響が出ています。 いつもより早い時間にくまスカウト4名が春日部駅に集合して出発です。東武線で羽生駅まで行き、そこで秩父鉄道に乗り換えて寄居まで、片道2時間弱かかります。あいにく、昨日とは違い、雨が降りだしそうです。

電車の中では、地図を見ながら、目的地の鉢形城をどう歩くか相談です。途中では、秩父鉄道の誇るSL、「パレオエクスプレス」の姿も見えました。

秩父の山並みがだいぶ近づいてきたところで、寄居駅に到着です。少し雨はパラついてきて、寒いです。駅前から、荒川にかかる橋まで歩測です。1人ずつ先頭に立ち、黙々と歩いて、距離を測りました。昨日の練習の成果が出たのか、ほぼ違いはありませんでした。さすがくまスカウトです。

朝のセレモニーのあと、いよいよ鉢形城の攻略です。まずは荒川の土手に降り、断崖の上のお城を眺めて、どう攻めるか考えます。このお城は戦国時代の関東北条氏の重要な城でした。

いよいよお城の中に攻め込みましたが。お城の中は、結構高い台地になっているところが多く、高低差があり、みな苦労しながら歩いています。15分ほど歩いたところで、平らな曲輪跡に出ました。石垣や井戸や建物、門、そして土塁や堀も残されていて、何となくタイムスリップした気持ちです。

 何とか、攻め落としたところで、昼食です。線路脇の屋根のある休憩所で昼食です。昼食はカブ弁だけではなく、指導者から暖かいカップめんの差し入れもあり、大人も暖かいコーヒーを飲むことができ、体も暖かくなりました。食べた後はローピング。そして、ロープと体を使ったゲームもやりましたので、だいぶ体も暖かくなりました。

帰りもまた2時間弱かけて春日部に戻ります。少し疲れて寝ているスカウトもいれば、ずっと車窓を眺めているスカウトもいます。あまり天気は良くありませんでしたが、雨具を着る必要もなく、けがもなく、無事に春日部に戻り解散しました。この2年間、遠くまでハイキングに行く機会も持てませんでしたが、今日は、くまスカウトも少し楽しんでくれたかなと思います。

また、次の集会に元気に参加しましょう!




19回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示