魔法学校と仲間たち~砦と仲間と校長と~

梅雨が開けてからというもの、厳しい暑さが続いています。

雨の心配がないのはいいのですが…。今日も相変わらずもんのすごい猛暑になりました。

熱中症対策はしていましたが、体調不良を訴えるスカウトが数名でました。

水分補給や体調管理について、改めて考えさせられたところです。

今後は対策を一層強化して活動していきたいと思います。


今日から、カブ弁を持参して午後までの活動が再開されました。

うさぎスカウトにとっては、初めての1日がかりです。

くまスカウト・しかスカウトにとっても、コロナの影響で自粛が続いていたため、久々の1日がかりの活動となりました。


今回のテーマは、前回に引き続き「魔法学校と仲間たち」です。


朝のセレモニーが終わったスカウトたちの前に、魔法学校の校長が登場しました。

ダンディでカッコいい校長から、さっそくご挨拶。

「ようこそ!魔法学校へ」

立派な魔法使いを目指すべく、まずは「各組のシンボルの旗と基地(砦)を作る」というミッションが課せられました。


さっそく砦作りに取り掛かります。

前回の活動で話し合った内容を元に、それぞれ組に分かれて形を作っていきます。

のこぎりで切った竹を紐で結んで組み立てたり、段ボールをガムテープで張り合わせたり。

どの子も夢中になって作業に没頭しています。

入り口を別で作って、中や外に装飾をして…スカウトたちのこだわりが随所に盛り込まれます。


チームの大事なシンボルマークの旗も忘れずにね。

そのうちに、各組の個性が光る立派な砦が完成しました。

砦の中には、午後の活動のキーになる謎を書いた暗号も散りばめます。


そうそう!いつもやっている手旗の練習も欠かさずやりしょう。

毎回練習しているので、覚えた手旗の文字も少しずつ増えてきました。

今日の課題は「け」「は」「ひ」「ら」です。


あっという間にお昼になりました。カブ弁を食べて一休み。

午後は何があるのかな?

ワクワクしながら午後の活動スタートです。


まずは、黒いとんがり帽子が似合うキュートな副校長が登場しました。

さっそく「各組のチーム名と合言葉を発表せよ」との指示が。

「合言葉」…ちゃんと聞いておいたほうがよさそう。


その後、再び登場した校長がなにやら慌てています。

「魔物がブラウンシーの森に侵入して、大事な賢者の石を奪ってしまった」とのこと。

これは一大事!!

この魔物を倒して賢者の石を取り戻せば、一人前の魔法使いになれるそうです。


さあ!いよいよ大冒険の始まりです!!


魔物はとても強く、各チームが持っている”攻撃の呪文”を全て使わないと倒せないとのこと。

”攻撃の呪文”??

そう!午前中に砦の中に散りばめたあの暗号が、もしや…!?


自分たちの”呪文”はもう分かっているので、他のチームの砦へ探しに行きます。

でも、サイトの前には番人がいて中に入れません。

「合言葉を」ですって。さっき副校長と聞いたやつ!!


各組のサイトを回り、それぞれの砦の中を探して暗号に隠された”呪文”を解読していきます。

”攻撃の呪文”が4つ揃えば、いよいよ魔物との戦いに挑戦です。


魔物が潜む森に行くには、魔法学校の外に出なくてはいけないのですが…。

門の前には門番がいます。

確か、校長が「門番に【ひらけ】と伝えよ」って言ってたっけ。

口々に「ひらけ」と言いますが、通してくれません。

どうやら耳が聞こえないようです。

どうしよう…??周りを見渡すと、おや?手旗がありますよ。

そういえば、午前中に練習したよね!

「ひ」「ら」「け」!!みんなで一緒に合わせます。

無事に門を通過することに成功しました。


さぁ!いよいよ!!

魔法の杖を手に握りしめ、待ち構える魔物の前へ…。

わわわ!なんだか強そう。。。

4つある”攻撃の呪文”を1つずつ唱えていきます。

呪文で魔物を攻撃するたびに、大きな羽が魔物の身体から抜け落ちます。

4つ目の呪文で、大きな羽が全て抜け落ち魔物が倒れると、その手から”賢者の石”がこぼれました。


無事に”賢者の石”を奪還!!

これを校長に届けたら、魔法使いの修行は見事クリアです!!

魔法学校に戻ると、校長と副校長がご褒美を用意して待っていてくれました。


気が付いたら、終了予定時刻を大幅に延長した大冒険となりました。

盛りだくさんで大充実の1日でしたね。

ドキドキ!ワクワク!楽しかった~♪


ご協力頂きました保護者の皆様、本当にありがとうございました。


今回もデンコーチが活動に参加してくれました。

デンコーチならではの視点で、活動をたくさん支援してくれました。

何より、スカウトたちが一緒に活動できて嬉しそうでしたよ。

身近で歳の近いデンコーチの活躍を見ることで、スカウト達は「こうなりたいな」と憧れを持ったり目標にしたりするでしょうし、きっと今後の活動の励みになると思います。

デンコーチ、またどうぞよろしくお願いしますね。


92回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示